シンワパックス 株式会社

真空成型(真空成形)・ブリスター・ブリスターパック・トレー(トレイ)・生分解・バイオマス・クリアケース ・梱包資材のことならシンワパックス

取扱い品目

■真空成型(真空成形)
・精密部品トレー(トレイ)
・搬送トレー(トレイ)
・トリプルパック
・ダブルパック
・スライドブリスター
・ブリスターパック
・緩衝材、インナーケース
・POP
・クリアケース

■加工
・折り曲げ加工
・ブリスター熱圧着加工
・包装受託加工
HOME»  新工法ポッチ式ブリスター

新工法ポッチ式ブリスター

新工法ポッチ式ブリスター

新工法ポッチ式ブリスター

 

 
新工法ポッチ式ブリスター

 

 

新工法ポッチ式ブリスター

 

 

パッケージとしてよく使われるブリスターですが、

 ・スライドブリスター
 ・ブリスターパック(圧着パッケージ)
 ・二つ折りのブリスター(ダブルパック、シェルパック)
 ・三つ折りのブリスター(トリプルパック)


の従来は大きく分けて4種類でした。

その4種類とは全く違う、第5のパッケージとも言うべきパッケージ方法を考案し特許の申請を致しました。
コストダウンはもちろんのこと、納期や環境にも配慮さたパッケージです。
パッケージする商品を教えていただければ、設計のご提案から製造まで受け賜ります。

 



特許形状の『ポッチ式』パッケージの大きなメリット!!
  
  1)従来品より使用材料量をカット!
    コストダウン & エコ

  2)折り曲げの2次加工が不要!!
    コストダウン& 短納期

  3)セットアップに留め金等が不要!!!
    コストダウン& 安全
  条件がそろえば、
  
  従来品より半値になる
  
  能性もございます。 

新工法ポッチ式ブリスター

 

●スライドブリスターと違い折り曲げ部分が不要。
→使用材料を削減でき、コストダウン。
→使用材料を削減でき、エコ。
→量産時の丁数が増えて、コストダウン。

●折り曲げの2次加工が不要。
→2次加工の分がコストダウン。
→納期が短くなる。

  新工法ポッチ式ブリスター

 

●台紙とブリスターとのパッケージングが簡単。
→留め金やシールが不要で、コストが下がる。
→留め金による怪我が無い。
→ブリスターと台紙のみなので、ゴミの分別が容易。
→シールによる経年劣化や変色が無い。

●スライドブリスターでは困難だった物でもパッケージが可能。
→長尺物でも、ポッチの数で対応可能。
→幅の広い台紙でも、ポッチを追加すればタワミが解消。
→フィルムの様な薄い物でもパッケージ可能。

 

新工法ポッチ式ブリスター  

●圧着ブリスターの様に台紙に対して
一部分のブリスターでもセット出来ます。


●圧着ブリスターの様な、
専用の設備機械は不要です。

→内職で簡単にセットできるので、生産率のアップや、
コストダウンにつながります。

●自由な形状でパッケージ出来る。
→従来のスライドブリスターの様に、左右を直線にする必要が無く、
ハートや星形、会社のロゴなど、どんな形状でもパッケージ可能です。

 

●幅の広い台紙でも、タワミを抑える事が出来ます。

●Wパック(ブリスターで挟みこんだパッケージ)にもポッチ式は活用出来ます。

●高価な開封予防シールが不要。
→リパックするには専用の工具を必要とする為、店頭での開封確認が出来ます。

 

>>セット方法は3通り<<
・ペンチで握る
・ハンマーで叩く
・治具を作成して、複数個をまとめて潰す

  新工法ポッチ式ブリスター