シンワパックス 株式会社

真空成型(真空成形)・ブリスター・ブリスターパック・トレー(トレイ)・生分解・バイオマス・クリアケース ・梱包資材のことならシンワパックス

取扱い品目

■真空成型(真空成形)
・精密部品トレー(トレイ)
・搬送トレー(トレイ)
・トリプルパック
・ダブルパック
・スライドブリスター
・ブリスターパック
・緩衝材、インナーケース
・POP
・クリアケース

■加工
・折り曲げ加工
・ブリスター熱圧着加工
・包装受託加工
HOME»  技術紹介

技術紹介

通常では成型が困難と思われる場合でもシンワパックスなら技術を追求いたします。

 

真空成型の技術

 

真空成型の技術

 

真空成型の技術

 

真空成型(真空成形)において、厚み(強度)を維持しながら間口の寸法以上に深さを下げていく事は、深さに比例して成型難度は上がっていきます。また、間口と深さの比率が同じでも、間口が小さくなる程成型難度は上がっていきます。そのなかで、間口1.5mmに対し深さ4mmの深絞りは非常に成型難度が高く、技術とノウハウを必要とします。

 

真空成型(真空成形)の技術

 

真空成型(真空成形)の技術

 

従来では成型と離型が出来なかった程の大きなアンダーカットを付ける事により、勘合強度を強める事が出来るようになったので、重い内容物にもホッチキスやシールを必要としなくなりました。その事により、ホッチキス等の消耗品のコスト削減だけでなく、内職の人件費も大幅に削減可能です。(実際のご使用にあたっては、輸送テストなどの試験を十分に行って下さい。)